2006年03月30日

Little Wing

小さな翼は びくともしない
夜の向こうにある 未来目指すよ






ギルドを出て、胸いっぱいに潮の香りを吸い込む。
手にしているものは、僅かばかりのお金と船の権利書
それに「冒険者見習い」の肩書き。

これからの不安よりも大きな期待を胸に
エリスはリスボンの港へと足を進めた。




「どうした、嬢ちゃん。はじめての航海で緊張してるんか?」
 そんな船乗りの声でふと我にかえる。
あわてて声のほうへ顔を向けると、そこには釣竿を持った男性の姿。
もちろん、知らない人。
冒険者として身を立てるため、ポルトガルの国籍を獲得したとはえいえ生まれはイギリス。この国に知り合いなどいるはずもない。
「その格好からすると、なりたての冒険者ってところか?」
 私が肯定の意思を示すと、彼は笑いながら桟橋に腰を下ろし
私にも隣に座るよう促す。

 訳もわからずその申し出に従うと
彼はさまざまな海での知識を私に教えてくれた。

 時折私にも釣竿を持たせてくれながらの勉強はどのくらい続いたのだろう。
不意に私のおなかが時の流れを知らせる時報を鳴らした。
 赤面してうつむくと、彼は笑いながら「にしんの燻製」をくれた。
あわててお礼を言う私に
どうせ釣ったものを加工したものだからほぼタダみたいなものだし
といってまた笑い、二三度私の頭を撫で、そのままその場を去っていった。

 私が「勉強」のことでのお礼を言い損ねたと気がついたのは
それからしばらくしてからのことだったが。






==================================================


「まさか、船倉にあったニシンの燻製、そのときのじゃないよね?」
 副官で、私の妹のセリスがおそるおそる聞いてきた。
「まさか、いくら私でもそんなに物持ちいいわけないじゃない」
「なら、なんで? おねーちゃんの腕ならもっといいもの作れるはずなのに」

 あの後冒険者として、「釣り師」として活動を本格化させた私は
その後「調理」をも覚えていた。

「ニシンの燻製」が作れるようになってからは
かならず倉庫にはそれが保管してある。

あの時、右も左もわからない私にさまざまなことを教えてくれた
名前も知らない「彼」みたいになりたくて。
 
posted by エリス・ランバード at 00:10| Comment(4) | TrackBack(0) | エリスの物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

My Dream Factory

はじめまして、が適当かどうかわからないけどはじめまして。

大航海時代オンライン・エウロス鯖で活動している
エリス・ランバードっていいます。

以前から書いてみたいとい思っていたブログ
なんとか書き始めることにしました。
本当は数日前からはじめる予定だったのですけど
どーしてもこの「書き始め」の文体が思いつかなくて
ずっとのびのびになってました。

実際は去年の10月頃から・・・(汗

とりあえず自己紹介ですよね。

このブログ「Little Wing」は
大航海時代オンライン・エウロス鯖で活動してる私と
私の妹たちの活躍とか、近況とかを発表するブログです。

メインででてくるのは私、エリス・ランバード。
それと私の妹で副官のセリス・ランバード。
もう一人、セカンドキャラのイリス・ランバードの三人ですね。

もしかしたら、別鯖で動いてるほかの家族たちも顔を見せるかもしれません。

簡単ですけど、今はとりあえずこれだけ。

これからの私たちの活躍、たのしみにしててくださいね
posted by エリス・ランバード at 01:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。